若い時に日焼けしすぎた40代の私が使っている日焼け止めクリームは「ポーラ」

私は乾燥肌の40代会社員です。
若いころは日焼けをすることをほとんど気にしないで、海外で真っ黒に焼いていました。

その頃の日焼けしすぎの影響が今頃出てきたのか、腕や足の皮膚のみずみずしさがほとんど失われてしまっています。
特に冬場はカサカサと白い粉が吹いてしまい、それが悩みの一つです。

今頃になって年代による違いを実感しています。過去にはいろいろな日焼け止めを使ってきました。
20代~30代の頃はドラッグストアで安い日焼け止めクリームを買ってました。

 

広告

40代になるとただの日焼け止めでは物足りなくなってきました

肌自体がまだ若いのでそれで充分でした。
40代になるとそれだけでは物足りなくなり、日焼け止め効果以外のプラスアルファが欲しくなります。

美白だったりアンチエイジング効果をうたっているものがあれば試してみようという気になります。さまざまな日焼け止めを試してみて今一番気に入っているがこれです。

【ブランド名】ポーラのホワイティシモUVブロックシールドホワイト

まず塗った時にスーッと伸びて肌になじむところが気に入っています。
たっぷりと塗っても白く浮いたりせず、自然に肌になじみます。

白浮きしないので化粧の下地クリームとしても使っています。
乾燥してカサカサとなっている部分に丁寧に塗り込むと、しっとりして化粧も楽になるんです。

日焼け止めはただでさえ肌に負担をかけるもの。
40代ともなれば若いころのようにはいきません。
その負担をなるべく少なく、そして肌のケアができるものを選ぶのがいいかなと思います。

 

ポーラの日焼け止めクリームは美白もできるので一石二鳥

ポーラのホワイティシモには保湿成分と美白成分がしっかり入っているので、私たちのような40代女性にピッタリなんですね。
香りはしっかりめについているので人によって好みが分かれそうですが、私は高級化粧品のような感じるので気分が上がります。

20代の頃の日焼けのツケが40代になると出てくると言われていました。
そのことは知識としては知っていましたが、若いころは20年後のことを考えるよりも、目の前の楽しさを優先してしまうんですね。
しかし40代になって20代の自分に言いたいことは、「40代になってやっぱり肌がボロボロになったよ!日焼けやめて!」です。

肌が老化してしまうとそれを取り返すのは、本当に大変…。
老化の敵は紫外線です。
いつまでも若くいたければ、日ごろからしっかりと日焼け止めを忘れずに塗ることですね。

最新情報をチェックしよう!
広告
>あなたのビューティー診断します

あなたのビューティー診断します

あなたにぴったりの化粧品は?

CTR IMG