40代におすすめのドモホルンリンクルの成分は?

年齢肌に着目したドモホルンリンクル。

「人も自然の一部である」という漢方の考え方を基につくられています。

だから美容成分として採用されているのも自然由来のものばかりです。

というのも、自然は人間が生きている世界よりももっと過酷な環境の中で逞しく、命をつなぎあっています。

その強い生命力は、人間の健康や美にもプラスに作用する力を持っています。

ドモホルンリンクルは花から種、茎、根に至るまでのまだ見ぬ自然の力に着目しました。

独自原料をはじめ、世界中を探し求めて配合した原料は、その数170種にも上ります。

研究対象は植物だけでなく、動物にまで及びます。

 

ドモホルンリンクルに使用されているコラーゲンの成分は何?

 

日本で初めて化粧品への配合に成功したコラーゲンは牛からスタートし、今は安全性が高く、保湿力に優れた鱧(ハモ)を採用しています。

美容成分も一つのものにこだわらず、より良いものをと常に進化している証です。

自然由来のものが多いと、肌にとって低刺激なのかというと、実はそうとも言い切れません。

たとえば、冬至の時に入るゆず湯。

ゆずを丸ごとお風呂に入れて楽しむものですが、長く浸かっていると、ヒリヒリしたり、かゆみが出る人がいます。

ゆずの香りの入浴剤なら平気なのに、果実をそのまま入れると痒くなる。

これはゆずに含まれているリモネンという成分が肌に刺激を与えるからです。

このように、きちんと精製して、刺激物を取り除かないと、かえって逆効果となります。

人工的に作られた成分の方が安定しているので低刺激ということは、よくあることです。

ドモホルンリンクルは天然原料の研究をすると同時に肌の安全性もしっかりと確かめています。

 

ドモホルンリンクルは、40代の敏感肌でも使える安心のスキンケア用品

 

化粧品をつくる上で一般的に行われているのは動物実験ですが、ドモホルンリンクルの場合、実際に人の肌につけて肌への刺激や刺激感を厳重に確認しています。

 

培養細胞を用いて細胞を傷つける刺激がないかを確認する「肌刺激性予測試験」。

皮膚に塗布するパッチテストとスティンギングテスト。

化粧品内で菌が増殖しないことを確認する保存効力試験。

アレルギー試験。

目に入った時の刺激性を培養細胞によって確認する眼粘膜刺激性試験。

これら6種類もの厳重な試験をクリアしなければなりません。

さらに、安全性が高いと認められた成分であっても、入れない方が良いとされる成分については極力省いています。

だからパラベンフリー、エタノールフリー、無香料、無着色、です。

ふわりと漂う香りは配合されている植物のものです。

細心の注意を払ってつくられているので、ドモホルンリンクルは、ちょっとした刺激で揺らいでしまう年代の肌でも安心して使えます。

低刺激でありながら、アンチエイジングについては高パフォーマンスを誇っています。

今まで敏感肌だからと、最低限の保湿しかできなかった人にこそ試してほしい、おすすめスキンケア用品です。

▼▼▼無料お試しセットはこちら▼▼▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

注目記事 おすすめ記事

最近の記事

  1. エンビロンを使った40代の口コミ

  2. 40代の日焼け止め・下地クリームの口コミ

  3. 40代の日焼け止め・下地クリームの口コミ