40代になってシミが目立つ私は資生堂の専科のオールインワンクリーム

40代前半女性です。40歳を超えたら急激に肌の張りが無くなり、しみも目立つようになりました。

特に、30代までは感じなかった肌のくすみが気になり、ファンデーションを塗っても肌が明るくならないので、美容クリーム入りのオールインワンを使うようになりました。

私は顔だけでなく体全体が乾燥肌で、放っておいたら肘や膝は粉をふくほどひどいです。

それでも10代20代の頃は部分的にオイリー肌だったこともあり、保湿力の高い化粧品を使うとニキビが出来たので、なるべくさっぱり系の化粧品を選んでいました。

そして乾燥肌に加えて、色素沈着しやすい肌の様で小さい頃から日焼けをすると赤くならずすぐ真っ黒になってしまいました。

広告

日焼けしやすい私の肌は、40代になって今までの蓄積から肌の老化を感じました


20代の頃はすぐ日焼けする事を気にして、夏でも長袖を着て日傘を差し、美白クリームで入念にお手入れしていたのですが、夏の終わりごろになると、「日焼けしてるね」とみんなから言われるほどほんのりと焼けてしましました。

30代になり、出産して子供中心の生活になると子供を公園に遊びに行かせたり、幼稚園の送り迎えをしたり、毎日日に当たる事ばかりです。その上へとへとに疲れてしまって、夜はお風呂上りにゆっくり美白・・・なんて時間は無く、化粧水と乳液だけかろうじて塗るような感じでした。

毎年5月頃、日差しが強くなってくると帽子とアームカバーでしっかり日焼け対策をして「今年こそはやけないぞ」と意気込むのですが、ひと月も経たないうちに挫折して真夏はすっかり日焼け対策はどこへやら・・・

紫外線を吸収しやすい体質に加え、日焼け対策がおろそかになり、体に紫外線を蓄積した結果からか、40歳を過ぎていきなり肌の老化を感じてしまいました。

焦った私が探した化粧品が、資生堂の専科シリーズのオールインワン


これはいけないと、基礎化粧品を見直すことにしました。子供たちも少し大きくなったので自分の時間が少し持てるようになったとはいえ、朝晩忙しい時にゆっくり基礎化粧をする時間はありません。
そこで、見つけたのが美容クリームも配合されたオールインワンです。

30代、乾燥が気になり始めて資生堂の専科シリーズの保湿化粧水と乳液を使ってみて肌に合っていたので、40代になって専科オールインワンを使うようになりました。

オールインワンは価格が高くて、手に入りにくいと勝手なイメージを持っていたのですが、専科のオールインワンは価格が安くて、ドラックストアーで手に入れやすいのでたっぷり使えるところが気に入っています。

配合成分によっては肌荒れをしてしまうのですが、専科は以前も使っていたのでその心配もなく手に取りやすかったです。
しっかりと肌に密着するので、肌の奥まで保湿成分が届いて乾燥が気にならなくなりました。

最新情報をチェックしよう!
広告
>あなたのビューティー診断します

あなたのビューティー診断します

あなたにぴったりの化粧品は?

CTR IMG