ビタミンC入りの美容クリームを使ったら肌の艶が凄い!40代女性にもおすすめなわけ

美容有効成分にはたくさんのものがあります。

次々に新しい有効成分、人工的に生成されたものも含めて、年々現れます。

しかしやっぱり昔からあるビタミンCが一番安心して使えます。

ここではビタミンCがどのように肌に作用するかをまとめてみました。

 

  • ビタミンC誘導体とは何か

スキンケア製品を見ているとビタミンC誘導体配合と記載されています。

ビタミンCは水溶性のため、非常に溶けやすく、もろいビタミンです。

そのままビタミンCを肌に乗せても浸透せずに壊れてしまうので、人工的に安定化し、肌に浸透するよう作られたのがビタミンC誘導体です。

 

  • ビタミンCと美白

食べ物や飲み物にもよく表示されているので、レモンをはじめとする柑橘系の果物とセットとして覚えられている、最もよく知られた栄養素です。

しかしこのビタミンCを人体では生成することができないので、体外からの摂取が必要です。

 

 

ビタミンCの美白作用には2つの働きがあります。

  1. メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑制する予防美白。
  2. メラニンが集まり黒くなってしまったシミを薄くする還元美白。

 

美白というのは、予防・還元・排出の3パターンのうちの2つの効果が期待できるのは嬉しいですよね。

ちなみにできてしまったシミを薄くすることができる美容成分は、実はとても少なくて、ビタミンCとハイドロキノンのたった2つだけです。

 

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど、美容外科ではポピュラーで効果が高い成分ですが、その反面、非常に強力なため、配合量に制限がかかっています。

 

広告

ビタミンCは肌が弱い40代の女性にも安心の成分

 

 

その点、ビタミンCはそこまで強くないし、全顔使えるので安心ですよね。

40代はターンオーバーが乱れて、メラニンがすぐにシミ化にしやすいので、透明化してくれる働きはありがたいです。

 

  • 美白以外の効果とは

美肌ビタミンとも名高いビタミンCですが、美白以外には以下の効果があります。

  1. 肌のハリや弾力の元となるコラーゲンの生成を促進する働き
  2. 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  3. 皮脂分泌コントロール機能によるニキビケア

 

ビタミンCの万能さが分かりますよね。

特に40代の女性の肌悩みに多い「ハリツヤがない」、「シミが濃くなったように感じる」ということに効果を発揮してくれます。

 

 

 

  • ビタミンCの弱点と美容クリーム

何でも効果があるビタミンCですが、肌に塗ると乾燥するという性質があります。

ニキビケアができることにも通じますが、皮脂を抑える作用が、乾燥を招くのです。

 

 

ですから、今出ているスキンケア製品は、保湿成分も同時に配合して潤いを与えるように処方されています。

また乾燥しやすいのは水溶性のビタミンC誘導体なので、油溶性のものを選べば、さらに安心です。

そして油溶性と言えば、美容クリームです。

 

 

皮脂量が減り、何を塗っても乾燥する……という方は化粧水ではなく、美容クリームで使うのがオススメです。

スキンケアの中で、最もしっとりと潤い、クリームの油分がベールのように包み込むので、潤いも美容成分も閉じ込めて、じっくりと美肌へと導いてくれます。

色々な美容成分が現れてもなお、第一線の美容成分を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
広告
>あなたのビューティー診断します

あなたのビューティー診断します

あなたにぴったりの化粧品は?

CTR IMG